za_title.jpg

徳島で「木の家」「自分仕様の家」を建てる

za_bill_new.jpg

3つの基本コンセプト

Earth Conscious:アース・コンシャス
気候風土と自然環境を意識した家づくり

徳島の気候風土に適した家とは? 地震や津波の対策はどう考え、どう対応するべきか。省エネルギー時代に対応する家づくりとは?・・・ などなど、徳島人として、地球人として、心体ともに心地よく暮らせる家づくりを誠実に模索・提案します。また「木の良さ」を再認識し、先人の知恵や感性を現代の生活スタイルに取り入れた提案を積極的に展開します。

Fotolia_25879778_XS.jpg

Design Conscious:デザイン・コンシャス
誰かのためのカタチではない「自分仕様」のカタチ

大手住宅メーカーや工務店には独自に提唱する工法や仕様があり、それが差別化ポイントになっている反面、施主の自由度を狭めていたり、個性や思い入れを打ち消す場合もあります。また一方で建築家に依頼するのは「気がひける」「作家性が強く出過ぎるのが心配」といった声もよく耳にします。このプロジェクトで提案したいのは、誰かのためのデザインではなく、施主自身の仕様に基づいたデザインです。そのカタチを、施主も含めたフランクな意見交流の場、「座」から導き出したいと考えています。

zah_flow2a.jpg

Cost Conscious:コスト・コンシャス
限られた予算のなかでつくる「純度の高い」家

低成長時代といわれる今、家づくりにかけられる予算も縮小傾向にあります。しかし、少ない予算でも心地よい家、夢のある家づくりは実現できる、と私たちは考えています。そのために、まず営業コストや販促コストを最小限に押さえたいと思っています。また、施主が何にお金をかけて、何でコストカットするかを判断できる情報や選択肢を積極的に提供していきます。家を建てたいと思う人に、また諦めかけている人に、知りたい情報を適切に分かりやすく伝えていく姿勢を守り通します。

zah_con3.jpg